【下手な叱り方】子どもにやってはいけない叱り方7種類【育児編】

下手な叱り方

子どもに対して叱り方が下手だと感じている。

または、怒り方がわからないというお母さん・お父さんが多くいらっしゃいます。

*「叱る」と「怒る」は違います。

違いが知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>参考:「怒る」と「叱る」の感情の違いがわかると子育てがラクになる!【保存版】

なぜ叱り方が下手だと感じているかというと、

それは、子どもを叱っても言うことを聞いてくれないからです。

山本五十六の名言に下記のような言葉があります。

*やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

*話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

*やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

育児・子育てに役立ちそうな名言ばかりですね。

名言になるくらいですから、昔から叱り方で悩んでいたんでしょうね。
叱っただけでは人は動きません。

ただ、叱ることも立派な親(上司)の役目です。

しかし、やってはいけない叱り方がありますので、
この記事でご紹介していきます。

やってはいけない叱り方には7種類あります。

子どもに毎日のように叱っていると、叱り方がパターン化します。
無意識のうちに、やってはいけない叱り方をしている恐れがあります。

ということは、知らず知らずのうちに、子どもを傷つけているかもしれません。

まずは、やってはいけない叱り方の種類を知り、自分の叱り方の癖を知ることが大切です。

無意識にやっている叱り方のパターンを意識化することで、子どもを傷つけることが少なくなります。

それでは、さっそく子どもにやってはいけない叱り方を見ていきましょう。

【下手な叱り方】子どもにやってはいけない叱り方7種類【育児編】

1. 叱り方には、やってはいけない叱り方がある

ただ単に「叱る」といっても、子どもがダメージを受けてしまう、やってはいけない叱り方があります。

毎日子どもを叱っていると、叱り方(言い方)が口癖になってしまい、いつも同じパターンを繰り返します。

なんでやってはいけない叱り方を紹介するかと言いますと…

目の前で起きた出来事を叱ることは必要ですが、やってはいけない叱り方を続けることで、子どもは、やってはいけない叱り方に抵抗(防衛)しようとします。

その抵抗(防衛)の反応が、

子どもが生きていく上でマイナスに作用してしまう恐れがあるのです。

どういうことかというと、

何回も同じ叱り方を繰り返すことで、叱る方も、叱られる方も、それが日常化し、無意識に定着します。

すると…

子どもは大人になっても、過去に親から叱られたときに取っていた態度を、上司などから叱られたときに、無意識のうちに取ってしまいます。

トラウマになるような叱り方をしていると、
子どもは大人になっても、
そのトラウマから抜け出せずに生活していかなければならなくなります。

もしかしたら、

あなた自身も子どものときに親から叱られていたことが、無意識に定着しているかもしれません。

叱り方の種類を理解し、あなたが親から叱られてきたパターンを表面化することで、あなた自身もラクに生きていけます。

ときどき「うちの子はいつも言い訳ばかりするのです」と、相談されることがあります。

実はこれも「叱り方」に問題があるのです。

2. やってはいけない叱り方7種類

やってはいけない叱り方7種類
尋問型
否定型
 交換条件型
ネチネチ型
比較型
人格否定型
存在否定型

あなたはどの叱り方をしていますか?

① 尋問型の叱り方

尋問型の叱り方の代表は「なんで〇〇したの?」です。
「なんでそんなことしたの?」は、ほぼ100%“言い訳”が返ってきます。

一見すると子どもに質問をしているようですが、「なんで?」が日常化すると尋問になってしまいます。

「なんで?」と質問すると、ほぼ100%言い訳の答えが返ってきます。

A級ママ
なんで遅れてきたの?
B級パパ
寝坊してさぁ〜💦

「なんで?」という質問は、親(質問者側)が知りたい答えです。

子どもに質問をして、その答えが“言い訳”だと、「あなたいつも言い訳ばかり言って!」とさらに叱ってしまいます。

言い訳を引き出しているのは、実は「なんで?」と質問したあなたです。

「なんで?」という尋問型の叱り方を続けていると、子どもは「どうせ答えても聞いてもらえない」「また怒られる」となり、仕方なく黙り込む態度を取り始めます。

尋問型の叱り方は、相手を追い詰める危険性があります。

子どもからのSOS

*言い訳する

*黙り込んでしまう

子どもがこのような態度をしたときは気をつけてください。

② 否定型の叱り方

定型の叱り方は、子どもの「がんばってみよう」という気持ちがなくなります。

なぜなら、

「〇〇してない!」や「〇〇しちゃダメ!」などの否定語を浴びせられるからです。

例えば、「まだ宿題してない!」「早く宿題やらないとダメでしょ!」「寝る前に歯磨きしないとダメでしょ!」などなど。

口癖になっていませんか?

叱られる側は、ずっと否定され続け、私は「ダメな子だ」と思うようになり、自信をなくしてしまいます。

「がんばってみよう!」という気持ちになりにくくなります。

また、

否定型で叱られ続け、反発心が高まると、「誰がやるもんか!」と、やる気が失せる状態になります。

子どもからのSOS

*やる気がなくなる

*わざとやらなくなる

子どもにこのような状態を感じたら、否定形の叱り方をしていないか振り返ってみてください。

③ 交換条件型の叱り方

交換条件型の叱り方は、「○〇すると□□するよ」です。
交換条件型は、一時的な効果があるので、
つい交換条件型で叱ってしまうお母さん・お父さんは多くいます。

子どもは、「望み」or「イヤ」で言うことを聞いているだけなので、やらされ感があり、子ども本人の成長に繋がりにくいです。

どういう叱り方かというと…

「宿題やったらおやつ食べていいよ!」
「夏休みの宿題終わらないと旅行に連れていかないよ!」
などです。

ついつい言ってしまいますよね。

B級パパも交換条件型の叱り方を無意識に使っています。
叱っている最中にハッとするときがあります。

子どもからのSOS

*交換条件型の叱り方は子どもにマネされやすい

例えば、「〇〇したら先生に言うよ!」「○○しないと遊ばない」などです。
子どもも同じように、交換条件型の叱り方を兄弟や友達にしてしまいます。

最近、B級パパの長女(小学2年生)が次女(2歳)に、「手を洗わないとお菓子食べちゃダメ!」と叱ってました。

子どもの叱り方のパターンは、お父さん・お母さんの叱り方と同じパターンになってしまいます。

B級パパが長女から叱られるときは、お母さんと同じ叱り方です。(笑)

④ ネチネチ型の叱り方

ネチネチ型の叱り方は、過去の出来事を引っ張りだしてくる叱り方です。

個人的な感想ですが…

お母さん(女性)は、過去の出来事を引っ張ってくることが多いように感じます。

ネチネチ型の叱り方は、叱る原因となった出来事に対して叱っていたはずが、過去の出来事を引っ張り出すことで、叱っている内容がずれてくることがあります。

叱る内容が、最初に起きた出来事から、過去の出来事へと移り、イライラはどんどんエスカレートし、収拾がつかなくなります。

最後は、「もういい!」と叱る側がその場から離れていきます。

叱られている方は、たまったものじゃありませんよね(^_^;)

例えば…

A級ママ
前にも言ったでしょ!
B級パパ
聞いてないよ。。。
A級ママ
あなたはいつもそう!
この前だって〇〇したじゃない!
この前のときは…

このまま叱る側(A級ママ)の気がおさまるまで続きます。

叱られる側は「また始まった」となり適当に聞いていると、「聞いてるの!」とさらに叱られます。
次は聞いていないときの過去の出来事が、引っ張りだされます…。

ネチネチ型の叱り方を続けてしまうと、叱られる側がネチネチ過去の叱られた出来事(失敗)を引っ張りだされるので、また叱られると思い、チャレンジ精神が薄れてきます。

子どもからのSOS

*また始まったという「聞いていない態度」になります

*「お母さん(お父さん)だって前にやってたじゃない!」と反発します

B級パパが子どもだったとき…

B級パパのおかん
またこぼして!
この前も注意しなさいと言ったところでしょ!
何回言ったらわかるの!
そういえば、この前言ってたことやったの!
B級パパ
おかんもこの前こぼしてたやん!
話が変わってるし…

と心の中で思っていました。

その場の出来事をその場で叱ってあげるように心がけましょう!

ネチネチしないことです。

⑤ 比較型の叱り方

比較型の叱り方は、子どもが一番嫌がる叱り方です。

なぜなら、比較型の叱り方は、自分自身を見てくれないからです。
子どもが自分なりに努力しているのに、怒られてしまう可能性があります。

例えば、「お姉ちゃんはできたのに、なんであなたはできないの?」です。

この叱り方はよく見ると、やってはいけない叱り方が、3つも含まれています。

⑴「なんで(尋問型)」
⑵「できない(否定型)」
⑶「お姉ちゃんはできたのに(比較型)」 

兄弟や友達と比べたり、中には自分の子どもの頃と比べるお父さん・お母さんもいます。

子どもからのSOS

*比べられた相手に良い感情が持てなくなります

*比べられた相手と仲が悪くなる可能性があります

ネット上には育児・子育て情報が溢れ、いつでも、どこでも、調べることができてしまい、ついつい自分の子どもと比較してしまいます。

比べてしまうと、結果的に自分で自分に苦しいラベルを貼ることになってしまいます。

自分で「苦しいラベルを貼らない」→「比べない」ことが重要です。

ここからご紹介する叱り方は絶対に避けてください!

⑥ 人格否定型の叱り方

人格否定型の叱り方は、子どもの人格・性格・能力といった、その子全てを否定する叱り方です。

人格否定型で叱られた子どもは深く心が傷つき、大人になっても引きずる可能性があります。

子どもの頃に叱られたトラウマが消えず苦労している大人もいます。
トラウマのせいで、恋愛・結婚にネガティブになってしまったり…

例えば…
「お前は意地悪だね!」
「お前は情けない!」
「あなたは卑怯な子だね!」
「お前にできるはずがない!」
「お前のような○○は見たことがない!」
などなど。

読むだけでも心が痛みますね。

子どもからのSOS

*自身がなくなります

*トラウマを引きずって大人になる

*うまくトラウマから抜け出せなくなる

叱る側は悪いつもりで言っていないケースがあるだけに、とても危険です。

いよいよ最後の叱り方のご紹介となりました。

人格否定と並んで、あるいはそれ以上に残酷な叱り方が次の「存在否定型の叱り方」です。

⑦ 存在否定型の叱り方

存在否定型の叱り方は、子どもの存在そのものを否定する叱り方です。

この叱り方は、絶対にやめて欲しいです!

存在否定型の叱り方で言われると、非常に傷つき、心に深く刻まれ、
生涯にわたりトラウマを引きずって生きていくことになります。

例えば…
「お前なんていない方が良かった!」
「うちの子じゃありません!」
「お前なんて産まなければ良かった!」
などなど。

記事を書いていても心が痛みます。

反抗期のお子様を育てられているお父さん・お母さんは、特に気をつけてください。

人格否定型や存在否定型の叱り方をしてしまったり、普通であれば反抗期が終ると、親子関係が元に戻るのですが、子どもの心が親に戻ってこないケースもあります。

子どもからのSOS

*心に刻まれた傷を、一生引きずって生きていかなければなりません

*自分に自信が持てず、社会へ出ることができなくなる恐れがあります

*自分に自信を持つために、非行に走ってしまう子もいます

もし、あなたにトラウマがある場合は、次回、少しラクになる方法をご紹介しますので、お読みください。

周りの方で、トラウマを持っているママ友・パパ友がいらっしゃいましたら、この記事をご紹介してあげてください。

やってはいけない叱り方は、知らず知らずのうちに、子どもを傷つけています。
気づいていただくきっかけになれば嬉しいです。

3. 絶対にやってはいけない叱り方

【参考資料】H31年3月発表警察庁統計資料より 出典:警視庁「平成30年中における自殺の状況」より

もうお分かりだと思いますが、「⑥人格否定型の叱り方」「⑦存在否定型の叱り方」は、心の傷として子どもに深く残ります。

さらに、いろいろな状況が重なると、自殺という災厄のケースに至ってしまうこともあります。

自殺の原因・動機別で見ると、第3位が家庭問題です。
出典:警視庁「平成30年中における自殺の状況」
*このうちどれだけ叱り方が影響しているかわかりませんが…。

子育てをしていて、叱らない日は年に何回ありますか?

圧倒的に叱っている日が、圧倒的に多いのではないでしょうか。
「叱らない日はない!」というママもいます。

毎日やってはいけない叱り方を、無意識のうちに繰り返していると、子どもも誰かを叱るとき、親と同じ「やってはいけない叱り方」をしてしまいます。

子どもを叱っていて…

「あれ!?自分の親と同じ叱り方(言い回し)をしている」

と気づいた経験はないですか?

子どものころ親から言われたくなかった叱り方だったはずが、自分が親になったとき、同じように「やってはいけない叱り方」を子どもにしてしまうのです。

B級パパにも、親と同じ叱り方をしていると気づいた経験があります。

叱り方を学ばないので、親から毎日のように言われている叱り方が当たり前になってしまい、親と同じ叱り方をしてしまうのです。

注意
親になったときだけでなく、
子どものときから、
やってはいけない叱り方を友達にしてしまうのです。

子どものときに友達に対して、

「⑥人格否定型の叱り方」
「⑦存在否定型の叱り方」

をしてしまうと、言われた友達は深く傷つき、
最悪の場合は自殺へとつながってしまう危険性があります。

叱り方の負の連鎖が引き起こしてしまうのです。

補足
虐待もこの負の連鎖によって、
引き起こされてしまうケースがあります。

叱り方だけでなく、子どもをしつける方法も学ばないために、虐待が虐待を生んでしまうのです。

このような負の連鎖を防ぐには、
まずは無意識になっている「叱り方」(しつけ)を意識化する必要があります。

おしまい。

次回予告
次回は「なんで子どもへの叱り方の種類に意識を向けることが大切なのか?」をお届けします。
叱り方がうまくなる最初の大切なポイントです。
引き続きご覧ください。

<在宅ワーク(副業)始めませんか?>↓無料登録はこちらから↓