「怒る」と「叱る」の感情の違いがわかると子育てがラクになる!【保存版】

怒ると叱るの感情の違い

ついつい感情的に怒ってしまい、育児に少し疲れたママ・パパへ。

  • できることなら、イライラしないで毎日を楽しく過ごしたいのに…。
  • 子どもや旦那に対して、いつも感情的に怒ってしまう…。
     *まぁ、旦那に対しては仕方ないとは思いますが…(⌒-⌒; )

本記事を読むことで、子育てが少しラクになってもらえれば嬉しいです。

1.感情とは?【予備知識】

1-1.目に見えない感情

自分自身の感情を見ることはできません。
なぜなら、感情は心の中に湧き上がるものだからです。

好きな人に告白するときをイメージしてください。
好きな人の感情が見えていたら…

  • 私のことを好きでいてくれてる!
  • 今日は気分が良さそう!

などなど、相手の感情が見えると告白しやすいですよね。

相手の感情が見えなかったら、「断られたらどうしよう」と不安になったり緊張したり、ドキドキ度が増します。

ちなみに、B級パパは相手の感情を気にしすぎて告白のチャンスを逃すタイプでした。笑

1-2.感情の見える化

自分の感情や相手の感情が色分けされていたら、人との関わりは簡単だと思いませんか?

機嫌の良いときに話しかけるなど、そのときの相手の感情や状況に合った対応ができます。

ちょっとここで…
感情とは?
どのようなものか調べてみました。

感情(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとや対象に対して抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある(感情の一覧)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さらに、【感情の一覧】です。

心理学では…

1-3.怒りの感情は第二感情

心理学では、怒りの感情は第二感情と呼ばれています。
では、第一感情は何かと言いますと…

それは期待です!

「怒り」の感情が出る前には、何かしらの「期待」があるのです。

氷山で表すと、目に見える部分が「怒り」、目に見えない部分が「期待」です。

例えば
いつも幼稚園や学校に行く前に、怒ってしまうお母さんの場合

  • 遅刻せずに、時間通りに行って欲しい!

という期待があるのです。

だから、家を出る時間が近づいてくると、早く用意をして幼稚園や学校に遅れずに行って欲しい!という期待が膨らみ、心の中にあるイライラのグラスが溢れてしまい…

早く用意しなさい!もう学校に行く時間よ!

と、いつも怒ってしまうのです。

スポンサーリンク

2.そもそも「怒る」と「叱る」は違う!

2-1.「怒る」と「叱る」の違い

「怒る」と「叱る」は、そもそも違います。

上記の【感情の一覧】を見ていただくと分かりますが、感情の一覧に「叱る」という言葉は掲載されていません。

「怒る」という漢字に「心」が入っていることからも、「怒る」は自分の感情から発生するものなんだと感覚で理解できると思います。

2-2.「怒る」「叱る」は誰のために?

「怒る」は自分の感情。「叱る」は相手の未来のため。

もう少しわかりやすいく言うと…

スッキリ子
「怒る」は、結果に対する感情だね!
スッキリ子
「叱る」は、相手の未来のためへの手段だね!
  • 「怒る」(結果):自分のため
        *自分が思い通りにならないときにとる行動
  • 「叱る」(手段):相手のため
        *相手のこと(成長)を考えたときにとる行動

「叱る」の「相手のため」というのは分かりやすいと思います。

では、「怒る」の「自分のため」というのは、どういうことでしょうか?

これは、自分のイライラする感情を「怒る」ことで発散し、スッキリするという考え方です。

補足

「怒った」あとは、また感情で怒ってしまったと…後悔するが、「叱った」ときは、心の中がもやもやして後悔することはありません。
どちらかというと、「叱った」あとは「これから頑張って!」と応援するような気持ちになります。

2-3.相手のために「怒っている」という意見

相手のために怒っているのは分かりますが、明らかに言葉のトーンや口調、さらには心の冷静さが「叱る」とは違います。

「怒る」は、自分の心の中にあるイライラ感情のグラスが溢れ出ている状態です。

>>参考:イライラの感情を抑えられないあなたへ【非常識な対処法】

3.子どもの叱り方7か条【保存版】

3-1.無償(無条件)の愛で叱る

「叱る」ときは、条件を求めない無償の愛で叱ることが大切です。
条件を求めているときは、たいてい怒っているときです。

これはNGです!

そんなことしたら、〇〇買ってあげないからね!

本当に相手のために叱るときは、条件の交換など必要ありません。

3-2.子どもの叱り方7か条

人間は感情の生き物です。
怒る感情を失くすことは不可能に近いと思います。
ついつい怒ってしまうのが、親というものではないでしょうか?

B級パパも子どもに怒ったあと、後悔することはよくあります。

実際、子どもに言っているときは、「怒っているのか?」「叱っているのか?」判断できないと思います。

そこで、B級パパが気をつけていることを、『子どもの叱り方7か条』にまとめました。

子どもの叱り方7か条
  1. 子どもを責めない
  2. 子どもに寄り添う気持ちで
  3. 子どもの人格を否定しない
  4. 他の子どもと比べない
  5. 過去の出来事を引っ張り出さない
  6. 子どもの成長を一番に考える
  7. 叱った後は抱きしめて(スキンシップ)

子育ての情報が溢れており、インターネットですぐに情報を得ることができる時代です。
ついつい、我が子を他の子と比べてしまい、自分で自分に苦しいラベルを貼ることになります。

苦ラベない
自分で自分に苦しいラベルを貼らないことが大切です!

苦ラベない!
※語呂合わせです^^

4.【おまけ】職場でも使える叱り方

4-1.子どもの叱り方7か条は、職場でも使えます

【保存版】子どもの叱り方7か条は、職場でも使えます。

なぜなら、「子どもの叱り方7か条」の「子ども」を「部下」に置き換えて読んでみてください。

違和感がないでしょ^^

人を育てるというのは、「子ども」も「部下」も同じなんですね。

この記事は、職場で部下の育成に悩んでおられる上司の方にもおすすめです。

怒り方には注意しましょう!

おしまい。

<在宅ワーク(副業)始めませんか?>↓無料登録はこちらから↓