イライラの感情を抑えられないあなたへ【非常識な対処法】

イライラの感情|非常識な対処法

仕事や育児に関わっていると、誰もがイライラする感情が湧き出てくる経験があると思います。

イライラの感情は抑えることは難しいですが、イライラした心の状態を引きずらない対処法を書いていきます。

こんなことありませんか?

目の前で起きた出来事はこの前と同じなのに…

今日はなぜかイライラしてしまう!

もしくは、

相手によってイライラしてしまう!

この記事を読むことで、イライラしない日を1日でも多く過ごしていただけると嬉しいです。

1.イライラは自分の心のバロメーター

1-1.心の中にあるイライラ感情のグラス

人間の心の中には、さまざまな感情のグラスがあります。
とりわけ、イライラ感情のグラスの取り扱いには注意が必要です。

イライラの感情は、負の連鎖を引き寄せやすく、うまくいっていることまで、巻き込まれる恐れがあります。 

イライラ感情のグラスは、イライラした感情が、どれだけ貯まっているかにより「イラッ!」とする度合いが異なります。

注意
イライラ感情のグラスは、空っぽで、満たされていない状態がベストです。
満たされていると、常にイライラしている状態を表します。

ということは?

1-2.イライラ感情は自分を見つめ直すツール

イライラした出来事を5段階評価で、イライラ度を見つめ直すことができると、今の自分のイライラ感情のグラスの容量を知ることができます。

補足
イライラしているときは、自分自身を評価することは難しいので、イライラした後に振り返る癖をつけ、イライラ度の採点をすることをオススメします!

例えばイライラ度を次のように5段階で分けてみます。

イライラ度数
  1. イライラ度レベル4・・・イライラ感情グラスMAX(溢れている状態)
    例)もう誰も止められない状態
  2. イライラ度レベル3・・・イライラ感情グラス3/4
    例)言わずにはいられない状態
  3. イライラ度レベル2・・・イライラ感情グラス2/4(半分くらい)
    例)我慢しようと思えばできるが、ちょっと一言だけ言わせて状態
  4. イライラ度レベル1・・・イライラ感情グラス1/4
    例)「えっ!」と思うが、後から振り返っても何だったか思い出せない状態
  5. イライラ度レベル0・・・イライラ感情グラス0/4(空っぽ状態)
    例)何を言われても「別に大丈夫よー」と笑顔で聞き流せる状態

1-3.最近イライラした出来事のイライラ度はどれくらいでしたか?

重要
ここでは、イライラ度レベルが高い低いが、良い悪いではなく、自分の状態を知るということが重要です!

今の心の状態を知ることで、イライラ度数をどのようにすればゼロにできるかな?と考えることができるのです。

B級パパの場合は、下記のような方法でイライラ感情のコップを空っぽにするように心がけています。

  • 銭湯・温泉に行く
  • 散歩する
  • 神社に手を合わせに行く
  • お酒を飲む
  • 寝る

スポンサーリンク

2.ここからが非常識な対処法です!

2-1.あなたのイライラ度を見つめさせてくれたのは誰ですか?

そう!
あなたがイライラした相手です。

ちょっと極端な解釈の仕方ですが…

相手があなたをイライラさせてくれたおかげで、自分自身の心の状態を見つめ直すことができたのです。

このように捉えることで…

2-2.感謝の気持ちが芽生える

イライラの感情から、感謝の気持ちへと入れ替わるのです。
「入れ替えている」という表現の方が正しいかもしれません。

私の場合は、イライラした時でも、最後は「ありがとう」で終われるように心掛けています。

補足
ー最後に「ありがとう」で終われない場合の解釈ー
イライラした出来事や言葉に、自分が反応したということは、その出来事や言葉が、今の自分の課題であるケースもあります。
相手ではなく、何に心が「イラッ!」と反応したか?分析してみると新たな発見へとつながります。

非常識な対処法はいかがでしたか?

イライラした感情は、人のせいにしてしまうと、そこでストップしてしまいます。

自分自身を成長させるためにイライラさせてくれて「ありがとう」と感謝の気持ちで受け止めることができると、さらなる人格形成へと進むのではないでしょうか?

この対処法は、仕事・職場での人間関係や、育児・夫婦関係においても役立ちます。

ぜひ、非常識な対処法でイライラを分析してみてください。
イライラが減って、ワクワクする人生が待っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おしまい。

P.S.
わたしは、毎日のように子育てで「イラッ!」としています。
まだまだB級なパパです。

<在宅ワーク(副業)始めませんか?>↓無料登録はこちらから↓